テーマ:ガーデニング

今日のお花は「ユーパトリウム」

今花盛りのユーパトリウム。 藤色のもふもふした花がいっぱい。 購入した別の花のポット苗に根が入り込んでいて、 それがあれよあれよという間に広がり咲いたもの。 今では繁茂しすぎるので抜いてる方が多かったりする、笑。 気が付けば、同じような色の花があっちとこっちで咲いてるわ。 斑入りのヤブラン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ヒャクニチソウ」

昔から馴染みのある花のヒャクニチソウ。 今は「ジニア」という名で、園芸店に並んでいることの方が多いかも。 子供のころから畑の片隅や花壇で咲いているのを見かけているためか 育てたいと思ったことがありませんでした。 でも近頃は様々に品種改良され、 「あら、素敵かも!」と思うのも出てきましたね。 そこで、今年初めて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「バタフライピー」

白い小屋につるが這い青い花を咲かせているのは「バタフライピー」。 遠目で見ると、この時期だから朝顔に間違えちゃうかも。 和名はそのまま「蝶豆(ちょうまめ)」で、 道端に咲くカラスノエンドウのような形のピンポン玉くらいの大きさの花は とってもきれいな青色で、猛暑にちょっとだけ涼を与えてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒンメリでお家時間

猛暑日が昨日までで13日続いているそうです。 今日は35℃を超えない予想ですが、どうでしょうね~。 真夏の外作業は朝夕の最低限の水やりだけでとっとと退散。 暑いしコロナだしで、否が応でもお家時間が長くなりますね。 今、私が楽しんでいるのは”ヒンメリ”づくり。 ”ヒンメリ”とは北欧フィンランドのモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「バーベナ・ボナリエンシス」

初夏からたえず咲いているこぼれ種からのバーベナ・ボナリエンシス。 蜜が甘いのか、よく蝶もとまっています。 別名「三尺バーベナ」の名の通り丈が1メートルほどですが、 細い茎の先に花がポンポンとつくので圧迫感がありません。 今年もあちこちに種を飛ばすのかしらね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「マリーゴールド」

休まず咲いている特売で買ったマリーゴールド。 マリーゴールドにも種類があるようで このポンポン咲きはアフリカンマリーゴールドに属しているっぽい。 ライムグリーンのつぼみから花弁がほころんでいくにつれクリーム色に…。 本日も相変わらずの暑さですが、”アフリカン”だからなのか暑さにも強いわ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑いです! 唐辛子です!

鷹の爪がなくなったので、今年は久しぶりに作りました。 見た目からあついですね、笑。 今日の予想最高気温も39℃で、しばらくは35℃超えが続きそう。 毎年こんな感じなのでもう驚きもしなくなってきて、 病院のお世話にならぬよう気を付けじっと秋を待つのみ。 でも、近くの緑道や庭の緑があるからか 朝の空気は結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アベリア ”コンフェティ”」

大気汚染や乾燥にも強いので 道路沿いにも植えられることの多いアベリア。 その中でも白い斑入り葉がピンク色を帯びる”コンフェティ”は 比較的コンパクトで成長もゆっくりなのだそうです。 強剪定もへっちゃらですが、 近頃は先祖返りした斑のはいらない枝がびよーんと伸びるのが気になり それを切り取るのが意外と面倒。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花はドライフラワーのボール

お家時間が増えた今シーズン。 庭のいろいろな花でドライフラワーに挑戦しました。 上手くいったものもあれば残念な結果だったものも様々。 そのドライフラワーでボールオーナメントを作ってみました。 スモークツリー&アジサイです。 アジサイ「紅」は アナベルと同じくらいドライにしやすく色もいい感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「カラーリーフカンナ」

昔からある馴染みのカンナは 今でも畑の端に花を咲かせているのをよく見かけます。 娘の下宿先に行くときに道沿いに花屋さんがあり その道路沿いの植栽が車からも眺められるのですが、 この時期は大株の見事なカラーリーフカンナが目を引き いつも「かっこいいな~、売ってないかな。」と思っていました。 もちろん下宿先に行ったときは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「セファラリア ギガンティア」

別名ジャイアントスカビオサのセファラリア ギガンティア。 別名の通り2メートルくらいの背丈になる大きなスカビオサは、 昨年ガーデンマルシェで花苗をGETしたもの。 くるみボタンのような蕾からレモンイエローのさわやかな色の花が 他の花が少しひと段落しているところに咲きました。 大型の宿根草だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アスチルベ ”チョコレートショーグン”」

昨年6月に、地域のオープンガーデン会の研修旅行で 山梨の「萌木の村」へ行きました。 ポール・スミザー氏がデザインされた見事なガーデンですが、 そこで気になって仕方がなかったのがこの銅葉色のプランツ。 一目見て「かっこいい~♡」 その場ではなんだかわからなかったけれど、 ふとネットで見つけて昨年秋に小さなポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ギボウシ」

ギボウシが涼しげな花を咲かせています。 いち早く咲き出すのは、小型のギボウシ”ゴールデンティアラ”。 緑に黄色の斑入り葉に薄紫の花がたくさん咲きます。 ゴールデンティアラが咲き終わると次は ブルーグレーの葉の”ハルシオン”と 黄色にグリーンの絵の具を刷毛でさっと描いたような葉の”ジューン”が ぷっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「クロタチアオイ」

黒い花をうたった花はいくつかありますが、 深~い赤紫色だったりでなかなか真っ黒というものは少ないかも。 その中でこれは”黒”といってもうなづけるタチアオイです。 種まきからの挑戦で、花付きが今一つ。 でも株自体は大きくなっているので、来年に期待しています。 毎年この時期に我が家にやってくる真っ黒な羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「サポナリア・オフィシナリス”ロゼア”」

八重咲のサポナリア・オフィシナリス”ロゼア”は、 我が家では古株の宿根草。 とってもいい香りがするのですが、 梅雨時期に咲くのでなかなか満喫することができません。 雨で重たくなって倒れちゃうし…。 布を裂いたような特徴的な花弁は、 咲き始めは薄いピンク色から徐々に濃くなっていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「リシマキア ファイヤークラッカー」

銅葉に黄色の花が映えるリシマキア ファイヤークラッカー。 ネーミングの通り、パンパンと爆ぜたように花が付きます。 花友さんが 「銅葉で立性のリシマキア。よく増えるよ。名前はなんだったっけ?」と 数年前に持ってきてくれたもの。 お言葉通り地下茎でよく増えそうだったので、 秋に割れた鉢に植え替え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「ヘリオプシス ”バーニングハーツ”」

昨年まで植える場所が悪かったので、 なかなかその魅力が発揮できなかったヘリオプシス”バーニングハーツ”。 今年初めて本来の姿に育ったかも、笑。 銅葉と黒い茎は、花が咲くまではカラーリーフとして楽しみます。 鮮やかな黄色の花は中心にオレンジ色が入り、まさに燃えているわ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は、いろいろ二番花

初夏に満開だった花々。 切り戻し後、再び2番花を咲かせています。 バラ ”アイスバーグ” バラ ”ラブリーメイアン” バラ ”アルバメイディランド” バラ ”フランボワーズバニーユ” バラ ”バフビューティー” ”マチルダ”と”シャーロット”はすでに2番花も咲き終えて、 次のつぼみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「クロコスミア」

植えっぱなしOKでいい球根植物のクロコスミア。 ホームセンターのセール品を狙っていました、笑。 植え付け当初は花数も少なかったけれど、 ようやくボリュームが出てきて 黄色とオレンジの元気カラーは夏にぴったり。 久しぶりの梅雨の晴れ間は ようやく芝刈りができてすっきりしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「夏の花といえば…」

夏の花で思い浮かぶのは、いろいろありますね。 ヒマワリはきっとトップ3に入るはず…。 今は品種改良がすすみ、 気軽にアレンジメントやガーデニングでも楽しめるようになりました。 生徒さんのヒマワリの生花の作品のご紹介。 この鮮やかな山吹色に元気をもらえます。 そして、年中切り花で出回るユリも夏の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日のお花は「ロシアンセージ」

レースのようなシルバーリーフと淡紫色の小花がきれいなロシアンセージ。 バラの一番花の時はシルバーリーフで脇を固め、 2番花が咲くころに花が咲き始めます。 繊細そうな見た目にそぐわずビュンビュン伸びるので、 繰り返し切り戻すと晩秋までずっと咲き、 ほぼ虫もつかないという優良品種。 セージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「エキナセア パープレア」

冬はすっかり地上部がなくなるのに この時期には必ず花を咲かせる丈夫なエキナセア パープレア。 放任で大丈夫、こぼれ種でも増えるピンクの一重のエキナセア。 でも、咲き出しのグリーンのころが結構好き。 白の一重も同時に植えましたが、そちらはあっという間に絶えてしまった。 八重咲など様々な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「アナベル」

メジャーになったアメリカアジサイ”アナベル”。 掌にそっとのるほどの大きさのつぼみは若葉の和菓子のようで、 咲きすすむにつれ緑→白→緑に色が変わるのは周知のアジサイ。 5月下旬ごろから、ずっと楽しませてくれます。 ポールスミザー氏のアナベルの群植の庭のシーンにあこがれて挿し木で増や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ポテンティラ ”ヘレンジェーン”」

昨年の今頃、ガーデンマルシェでGETしたポテンティラ”ヘレンジェーン”。 サーモンがかったピンクのようなネオンカラーのピンクのような なかなか表現しにくい色でイチゴのような花を咲かせます。 別名ハナイチゴのポテンティラは、イチゴの葉をしてますが 残念ながら実はならないようで…。 まだ株がそれほど充実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「レディダリア」

昨年の秋に訪れた「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」の ダリアとジニアの秋色ガーデンがとても素敵でした。(☆) 大輪のダリアは無理でもミニダリアなら植えるスペースがあるわと 今年初めてのチャレンジです。 近所のホームセンターでGETしたハルディンのレディーダリア2種。 銅葉で赤黒いポンポン咲の”アルナ”。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「フォプティス・スティローサ」

カーペット状にピンクの花を咲かせるフォプティス・スティローサ。 一昨年「ロザンベリー多和田」のバラ園で、 株元で見事に咲いていたのを見て欲しくなりました。 一つの大きさがピンポン玉ほどでボリュームもあり、 バラと開花時期がぴったり合います。 でも今年はこの形がどうしてもコロナウイルスに見えてきち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アガパンサス」

今朝は久々にお日様がでました。 すると遠くの方でクマゼミの鳴き声が…。 あのやかましい声を聴くと、一層暑く感じるのは私だけでしょうか。 昔からあるオーソドックスなタイプのアガパンサス。 蒸し暑い中、涼やかな色の花を咲かせてくれるので 「欲しいな~」と思っていたところ、 ご近所さんが持っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ネジバナ」

毎年この時期になると芝生の中からにょきにょき出てくるネジバナ。 昔から馴染があるので、私の中ではなんとなく懐かしい感じのする花。 ラン科だそうで、よ~く見ると小さな花はランの形をしています。 ずいぶん前にどこからかやってきて、放任ですが 絶えることなく見事なまでにぐるぐるしてます。 でも今年は増…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「てまり咲きのアジサイ」

6月のトリは、やっぱりアジサイで…。 ガクアジサイに対してたくさんの花が集まって咲くように見える てまり咲きのアジサイです。 八重咲の小花がまあるく咲く「てまりてまり」は、 切り花でいただいたものを挿し木したもの。 まだ株も花も小さいけど、とってもかわいい。 銅葉のメギの横に植えてピンク色…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ベトニー」

名前さえ聞いたことがなかったハーブのベトニー。 昨年、「あげるわ。」と この時期に鉢植えでいただいたものを秋に地植えにし、 梅雨前ごろから咲き出しました。 ロゼット状の葉からすうっと茎をのばして、 ブルーがかったピンク色の花が咲きます。 なかなかお行儀がよろしい。 乾燥した葉をお茶の代用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more