今日のお花は、いろいろ二番花

初夏に満開だった花々。 切り戻し後、再び2番花を咲かせています。 バラ ”アイスバーグ” バラ ”ラブリーメイアン” バラ ”アルバメイディランド” バラ ”フランボワーズバニーユ” バラ ”バフビューティー” ”マチルダ”と”シャーロット”はすでに2番花も咲き終えて、 次のつぼみ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「クロコスミア」

植えっぱなしOKでいい球根植物のクロコスミア。 ホームセンターのセール品を狙っていました、笑。 植え付け当初は花数も少なかったけれど、 ようやくボリュームが出てきて 黄色とオレンジの元気カラーは夏にぴったり。 久しぶりの梅雨の晴れ間は ようやく芝刈りができてすっきりしました。
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「夏の花といえば…」

夏の花で思い浮かぶのは、いろいろありますね。 ヒマワリはきっとトップ3に入るはず…。 今は品種改良がすすみ、 気軽にアレンジメントやガーデニングでも楽しめるようになりました。 生徒さんのヒマワリの生花の作品のご紹介。 この鮮やかな山吹色に元気をもらえます。 そして、年中切り花で出回るユリも夏の…
コメント:4

続きを読むread more

今日のお花は「ロシアンセージ」

レースのようなシルバーリーフと淡紫色の小花がきれいなロシアンセージ。 バラの一番花の時はシルバーリーフで脇を固め、 2番花が咲くころに花が咲き始めます。 繊細そうな見た目にそぐわずビュンビュン伸びるので、 繰り返し切り戻すと晩秋までずっと咲き、 ほぼ虫もつかないという優良品種。 セージ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「エキナセア パープレア」

冬はすっかり地上部がなくなるのに この時期には必ず花を咲かせる丈夫なエキナセア パープレア。 放任で大丈夫、こぼれ種でも増えるピンクの一重のエキナセア。 でも、咲き出しのグリーンのころが結構好き。 白の一重も同時に植えましたが、そちらはあっという間に絶えてしまった。 八重咲など様々な…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「アナベル」

メジャーになったアメリカアジサイ”アナベル”。 掌にそっとのるほどの大きさのつぼみは若葉の和菓子のようで、 咲きすすむにつれ緑→白→緑に色が変わるのは周知のアジサイ。 5月下旬ごろから、ずっと楽しませてくれます。 ポールスミザー氏のアナベルの群植の庭のシーンにあこがれて挿し木で増や…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ポテンティラ ”ヘレンジェーン”」

昨年の今頃、ガーデンマルシェでGETしたポテンティラ”ヘレンジェーン”。 サーモンがかったピンクのようなネオンカラーのピンクのような なかなか表現しにくい色でイチゴのような花を咲かせます。 別名ハナイチゴのポテンティラは、イチゴの葉をしてますが 残念ながら実はならないようで…。 まだ株がそれほど充実…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「プリザーブドフラワーのアレンジメント」

緊急事態宣言が解除されてから、 少しずつ様子をうかがいながら教室の再開です。 生徒さんの作品から、プリザーブドフラワーのアレンジメントのご紹介。 ブリキのじょうろにナチュラルな花をふんだんに飾って、 ガーデンにぴったりのアレンジメント。 落ち着いた色合いのカーネーションがポイント! カラーを統一し…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「レディダリア」

昨年の秋に訪れた「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」の ダリアとジニアの秋色ガーデンがとても素敵でした。(☆) 大輪のダリアは無理でもミニダリアなら植えるスペースがあるわと 今年初めてのチャレンジです。 近所のホームセンターでGETしたハルディンのレディーダリア2種。 銅葉で赤黒いポンポン咲の”アルナ”。 …
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「フォプティス・スティローサ」

カーペット状にピンクの花を咲かせるフォプティス・スティローサ。 一昨年「ロザンベリー多和田」のバラ園で、 株元で見事に咲いていたのを見て欲しくなりました。 一つの大きさがピンポン玉ほどでボリュームもあり、 バラと開花時期がぴったり合います。 でも今年はこの形がどうしてもコロナウイルスに見えてきち…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アガパンサス」

今朝は久々にお日様がでました。 すると遠くの方でクマゼミの鳴き声が…。 あのやかましい声を聴くと、一層暑く感じるのは私だけでしょうか。 昔からあるオーソドックスなタイプのアガパンサス。 蒸し暑い中、涼やかな色の花を咲かせてくれるので 「欲しいな~」と思っていたところ、 ご近所さんが持っ…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ネジバナ」

毎年この時期になると芝生の中からにょきにょき出てくるネジバナ。 昔から馴染があるので、私の中ではなんとなく懐かしい感じのする花。 ラン科だそうで、よ~く見ると小さな花はランの形をしています。 ずいぶん前にどこからかやってきて、放任ですが 絶えることなく見事なまでにぐるぐるしてます。 でも今年は増…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「てまり咲きのアジサイ」

6月のトリは、やっぱりアジサイで…。 ガクアジサイに対してたくさんの花が集まって咲くように見える てまり咲きのアジサイです。 八重咲の小花がまあるく咲く「てまりてまり」は、 切り花でいただいたものを挿し木したもの。 まだ株も花も小さいけど、とってもかわいい。 銅葉のメギの横に植えてピンク色…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ベトニー」

名前さえ聞いたことがなかったハーブのベトニー。 昨年、「あげるわ。」と この時期に鉢植えでいただいたものを秋に地植えにし、 梅雨前ごろから咲き出しました。 ロゼット状の葉からすうっと茎をのばして、 ブルーがかったピンク色の花が咲きます。 なかなかお行儀がよろしい。 乾燥した葉をお茶の代用…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「トリフォリウム・○○○」

トリフォリウムはクローバーの仲間。 シロツメクサもその一つで、 昔はよく花冠を作ったな~♫ 今は様々なカラーリーフに改良され、店頭にも並んでいますね。 中には花穂を鑑賞するものもあります。 トリフォリウム・ルーベンスは 親指ほどの大きさの赤い花穂がつきますが、 我が家は日当たりの関係かあんまり鮮やか…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ホリホック ”クレーム・ド・カシス”」

梅雨入りとともに咲き出すホリホック。 昔からよく見かけるタチアオイですね。 ”クレーム・ド・カシス”は、濃いカシス色?に白色の覆輪の半八重咲タイプ。 八重咲のとってもかわいい花が咲くホリホックも好きですが、 雨が降ると花が重くてバサッと落ちたり、茎が倒れるので やめにして手に入れたコ。 でもそ…
コメント:0

続きを読むread more

モネの池+パン旅㉓Boulanger ペイザン

行けそうで、まだ行ったことがなかったモネの池。 下道を車で一時間半ほどで到着。 日本各地にモネの池を模したお庭が作られていますが、 ここは岐阜の板取にある根道神社の名もなき池で 透明度の高い湧き水に睡蓮の咲く様子が モネの代表作「睡蓮」のようだと口コミで広がり、 今はその通称の”モネの池”で知られているところ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「大賀ハス」

近くの公園の池で「大賀ハス」が咲き始めました。 特に信仰心は高いわけではないけれど、 眺めているとなんだか心が洗われるようです。 キリリと咲いた花もきれいだけれど、 堅い蕾も、その蕾がほころぶ姿も、 散った後の蓮の実も、大きな葉も見ごたえありますね。 「大賀ハス」は千葉県の縄文…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ルブス”サンシャイン・スプレンダー”×カラミンサ”バリエガータ”×リシマキア”ペルシャンチョコレート…

たま~に寄せ植えを作ります。 近頃は年に1、2回ほどかな。 その時に気に入った一年草がメインになりますが、 脇役にカラーリーフは欠かせません。 一年草が終わり寄せ植え解体のときに 宿根草の脇役は使いまわせばいいのだけれど、 寄せ植えを作る気分じゃなかったり、 色味が合わなかったりで使わないこともしばしば…。 …
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アネモネ・バージニアナ」

数年前、花友さんに「丈夫だから∼♫」といただいた アネモネ・バージニアの苗。 すくすくと大きく育っています。 別名春咲きシュウメイギクというだけあって、 立ち姿も花の形も似ていますね。 昨年訪れた”萌木の森”では大木の下で 涼やかに白花をなびかせていました。 こういう植栽の仕方も…
コメント:0

続きを読むread more