作業二日目、三日目&叔母からの鉢花

パーゴラの建て替え作業の二日目、三日目は、購入した木材の加工です。

大工さんは地道にのこぎりで、こう切ったり、ああ切ったり。

画像

画像画像


私はドリルでひたすら穴あけ。

画像


これが結構大変で、翌日は二人とも全身筋肉痛。
(翌日で良かったとも思ってもいる、笑)

たまには、いた気持ちいい気分を味わうのもいいものです。

この建て替えは大変な作業になるとわかっていたので、
いっそのことパーゴラを撤去することも考えました。

でも、そしたらこのつるバラちゃんはどうするの?処分するの?

このバラがきれいに咲いている時なんて、一年のうち数週間だけだしね。

でもね、花後の緑が夏の日差しを遮ってくれるので、
パーゴラに面した東向きの部屋は日よけしなくてもいいんです。

やっぱり要るでしょう、ってことで建て替えに踏み切りました。

10年選手のパーゴラ同様、我々も同じだけ年をとっているので
あのころのようにフットワークは軽くありませんが、ボチボチ作業していきます。

突然ですが、これは何の蕾でしょうか?

画像


正解は、ガーベラ。

画像


叔母から初夏にいただいたガーベラが、今年最後の花を咲かせています。

切り花ではお馴染みですが、育てるのも蕾を見るのも初めてです。

結構、グロテスクな蕾ですこと。

この花が終わったら、冬越しのために軒先へ移動。

バトンタッチをするかのように再び叔母から先日いただいたのが、
真っ白なシクラメンとフリルの入ったピンクのシクラメン。

画像

画像


しかし、このフリフリシクラメン、待てども暮らせどもちっとも咲く気配なし。

これで咲いてるの? いや、そんなことないでしょう。

でも、今の時代、いろんな品種があるからもしかしてってことも。

なんだか元気もなくなってきたから、とりあえず液肥でもやってみよう。

すると、パカッと咲きました。 花弁が反り返るまで、あと一息。

画像


お花も人間もお疲れ気味の時は、栄養補給ですね。

さぁ、次の作業までにしっかり食べて充電しましょう。



"作業二日目、三日目&叔母からの鉢花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント