今日のお花は「アスチルベ ”チョコレートショーグン”」

昨年6月に、地域のオープンガーデン会の研修旅行で 山梨の「萌木の村」へ行きました。 ポール・スミザー氏がデザインされた見事なガーデンですが、 そこで気になって仕方がなかったのがこの銅葉色のプランツ。 一目見て「かっこいい~♡」 その場ではなんだかわからなかったけれど、 ふとネットで見つけて昨年秋に小さなポ…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ギボウシ」

ギボウシが涼しげな花を咲かせています。 いち早く咲き出すのは、小型のギボウシ”ゴールデンティアラ”。 緑に黄色の斑入り葉に薄紫の花がたくさん咲きます。 ゴールデンティアラが咲き終わると次は ブルーグレーの葉の”ハルシオン”と 黄色にグリーンの絵の具を刷毛でさっと描いたような葉の”ジューン”が ぷっ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「クロタチアオイ」

黒い花をうたった花はいくつかありますが、 深~い赤紫色だったりでなかなか真っ黒というものは少ないかも。 その中でこれは”黒”といってもうなづけるタチアオイです。 種まきからの挑戦で、花付きが今一つ。 でも株自体は大きくなっているので、来年に期待しています。 毎年この時期に我が家にやってくる真っ黒な羽…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「サポナリア・オフィシナリス”ロゼア”」

八重咲のサポナリア・オフィシナリス”ロゼア”は、 我が家では古株の宿根草。 とってもいい香りがするのですが、 梅雨時期に咲くのでなかなか満喫することができません。 雨で重たくなって倒れちゃうし…。 布を裂いたような特徴的な花弁は、 咲き始めは薄いピンク色から徐々に濃くなっていきます。 …
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「リシマキア ファイヤークラッカー」

銅葉に黄色の花が映えるリシマキア ファイヤークラッカー。 ネーミングの通り、パンパンと爆ぜたように花が付きます。 花友さんが 「銅葉で立性のリシマキア。よく増えるよ。名前はなんだったっけ?」と 数年前に持ってきてくれたもの。 お言葉通り地下茎でよく増えそうだったので、 秋に割れた鉢に植え替え、…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「ヘリオプシス ”バーニングハーツ”」

昨年まで植える場所が悪かったので、 なかなかその魅力が発揮できなかったヘリオプシス”バーニングハーツ”。 今年初めて本来の姿に育ったかも、笑。 銅葉と黒い茎は、花が咲くまではカラーリーフとして楽しみます。 鮮やかな黄色の花は中心にオレンジ色が入り、まさに燃えているわ。
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は、いろいろ二番花

初夏に満開だった花々。 切り戻し後、再び2番花を咲かせています。 バラ ”アイスバーグ” バラ ”ラブリーメイアン” バラ ”アルバメイディランド” バラ ”フランボワーズバニーユ” バラ ”バフビューティー” ”マチルダ”と”シャーロット”はすでに2番花も咲き終えて、 次のつぼみ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「クロコスミア」

植えっぱなしOKでいい球根植物のクロコスミア。 ホームセンターのセール品を狙っていました、笑。 植え付け当初は花数も少なかったけれど、 ようやくボリュームが出てきて 黄色とオレンジの元気カラーは夏にぴったり。 久しぶりの梅雨の晴れ間は ようやく芝刈りができてすっきりしました。
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「夏の花といえば…」

夏の花で思い浮かぶのは、いろいろありますね。 ヒマワリはきっとトップ3に入るはず…。 今は品種改良がすすみ、 気軽にアレンジメントやガーデニングでも楽しめるようになりました。 生徒さんのヒマワリの生花の作品のご紹介。 この鮮やかな山吹色に元気をもらえます。 そして、年中切り花で出回るユリも夏の…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ロシアンセージ」

レースのようなシルバーリーフと淡紫色の小花がきれいなロシアンセージ。 バラの一番花の時はシルバーリーフで脇を固め、 2番花が咲くころに花が咲き始めます。 繊細そうな見た目にそぐわずビュンビュン伸びるので、 繰り返し切り戻すと晩秋までずっと咲き、 ほぼ虫もつかないという優良品種。 セージ…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「エキナセア パープレア」

冬はすっかり地上部がなくなるのに この時期には必ず花を咲かせる丈夫なエキナセア パープレア。 放任で大丈夫、こぼれ種でも増えるピンクの一重のエキナセア。 でも、咲き出しのグリーンのころが結構好き。 白の一重も同時に植えましたが、そちらはあっという間に絶えてしまった。 八重咲など様々な…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「アナベル」

メジャーになったアメリカアジサイ”アナベル”。 掌にそっとのるほどの大きさのつぼみは若葉の和菓子のようで、 咲きすすむにつれ緑→白→緑に色が変わるのは周知のアジサイ。 5月下旬ごろから、ずっと楽しませてくれます。 ポールスミザー氏のアナベルの群植の庭のシーンにあこがれて挿し木で増や…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ポテンティラ ”ヘレンジェーン”」

昨年の今頃、ガーデンマルシェでGETしたポテンティラ”ヘレンジェーン”。 サーモンがかったピンクのようなネオンカラーのピンクのような なかなか表現しにくい色でイチゴのような花を咲かせます。 別名ハナイチゴのポテンティラは、イチゴの葉をしてますが 残念ながら実はならないようで…。 まだ株がそれほど充実…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「プリザーブドフラワーのアレンジメント」

緊急事態宣言が解除されてから、 少しずつ様子をうかがいながら教室の再開です。 生徒さんの作品から、プリザーブドフラワーのアレンジメントのご紹介。 ブリキのじょうろにナチュラルな花をふんだんに飾って、 ガーデンにぴったりのアレンジメント。 落ち着いた色合いのカーネーションがポイント! カラーを統一し…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「レディダリア」

昨年の秋に訪れた「ラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデン」の ダリアとジニアの秋色ガーデンがとても素敵でした。(☆) 大輪のダリアは無理でもミニダリアなら植えるスペースがあるわと 今年初めてのチャレンジです。 近所のホームセンターでGETしたハルディンのレディーダリア2種。 銅葉で赤黒いポンポン咲の”アルナ”。 …
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「フォプティス・スティローサ」

カーペット状にピンクの花を咲かせるフォプティス・スティローサ。 一昨年「ロザンベリー多和田」のバラ園で、 株元で見事に咲いていたのを見て欲しくなりました。 一つの大きさがピンポン玉ほどでボリュームもあり、 バラと開花時期がぴったり合います。 でも今年はこの形がどうしてもコロナウイルスに見えてきち…
コメント:0

続きを読むread more

今日のお花は「アガパンサス」

今朝は久々にお日様がでました。 すると遠くの方でクマゼミの鳴き声が…。 あのやかましい声を聴くと、一層暑く感じるのは私だけでしょうか。 昔からあるオーソドックスなタイプのアガパンサス。 蒸し暑い中、涼やかな色の花を咲かせてくれるので 「欲しいな~」と思っていたところ、 ご近所さんが持っ…
コメント:2

続きを読むread more

今日のお花は「ネジバナ」

毎年この時期になると芝生の中からにょきにょき出てくるネジバナ。 昔から馴染があるので、私の中ではなんとなく懐かしい感じのする花。 ラン科だそうで、よ~く見ると小さな花はランの形をしています。 ずいぶん前にどこからかやってきて、放任ですが 絶えることなく見事なまでにぐるぐるしてます。 でも今年は増…
コメント:2

続きを読むread more