研修旅行で山梨へ

地域のオープンガーデン会の研修旅行で山梨県北杜市へ行ってきました。
(先月も行ったばかりだけど…)

まずは、清里にある「萌木の村」。

画像


村内にはレストラン、カフェ、アトリエ、オルゴール館などが
ナチュラルガーデンの中にたくさん点在していますが、
そのガーデンをデザインしているのが
英国人ランドスケープデザイナーのポール・スミザー氏です。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


スミザー氏らしく
花がなくてもリーフだけで楽しめる見ごたえあるシェードガーデン。

ガーデンのコンセプトは「清里の原風景」ですが、
既存の山野草になじむよう外来種、園芸種が植えられています。

気になるものがあっても残念ながらネームプレートがないので
(自然にはネームプレートなどないですからね)、
ちょっと消化不良。

帰宅後、パソコン駆使して検索ですって。

やっぱり写真を撮るだけで花の名前を教えてくれるアプリ入れようかな。

萌木の村は、つるバラがたくさんの蕾を抱え、
アナベルもようやく蕾ができ始めたころ。

もりもりと育った宿根草の花咲くころも訪れてみたいですが、
そのときまでにアプリを入れておかないとね、笑。

今は閉館してしまった宝塚ガーデンフィールズも
スミザー氏のデザインしたガーデンでしたね。

訪れることはできなかったけれど、
ガーデン雑誌でみたガーデンフィールズの
アナベルの群落にあこがれて植えて増やした我が家のアナベル。

今年も100近くの白いボールを咲かせています。

画像

画像


アナベルの難点が頭が重いので、
雨が降るとたちまち茎が折れたり、うなだれること。

昨年訪れた恵泉蓼科ガーデンで教わった技を今年試してみました。

切り花農家さんが花をまっすぐ育てるために使うネットを張るのですが、
我が家はキュウリや豆に使うネットが余っていたのでそれを転用。

画像


成長とともにネットをずりずりと上げていきます。

成果は?というと「ないよりはまし」かな。

葉が大きいのでネットを上げていくのがちょっと大変なのと、
このネットではアナベルの重量に耐えられなかったみたい、笑。

ちなみに萌木の村でのアナベル倒伏対策はこんな感じでした。

画像


続いて訪れたのは、小渕沢にある「ミヨシペレニアルガーデン」。

画像


”ペレニアル”が意味する宿根草主体のガーデンです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


白いオルレアの中から様々な宿根草が顔を出してます。

私が気になっているバラモンジンもありました。

画像


ガーデンは
NHK趣味の園芸などでご活躍の小黒氏が丁寧に案内してくださり、
充実した時間を過ごすことができました。

併設されたガーデンショップでは、
「買うつもりはなかったのに。」、
「病気が出ちゃった。」などと言いながらレジに並ぶ長蛇の列。

私も植えるところが…といいつつも
今期いろんなところへ行くたび何かが増えてる。

えぇ、病気ですから…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月22日 15:49
こんにちはご無沙汰していました。
色々なところで勉強されてて、すごいなぁお写真見るだけでも参考になります。いつか、行って見たいです萌木の村と、ミヨシペレニアルガーデン
2019年06月23日 10:14
ポール スミザー氏のデザインするお庭はすばらしいですよね
宝塚ガーデン二は 2回も行きました
なくなって 残念です
花の名前調べるアプリね
こういう時便利なんですね
気になってるんです
アジサイ頭が 重くて
折れそうになって います
なるほど 来年試してみようかな
何が増えたのでしょう~
2019年06月23日 10:33
FUUさん、こんにちは♪
お久しぶりです
名古屋から中央道で北上すると見どころのあるガーデンがたくさんありますね。
安曇野からお近くといっていいのか今一つ距離感がわからないのですが、羨ましい限りです。
今回の二つのガーデンはどちらも無料ですよ
2019年06月23日 10:42
ワイルドストロベリーさん、こんにちは♪
宝塚ガーデンフィールズは維持が難しかったのでしょうか、残念ですね。
去年今年とガーデン巡りをして感じたのは、倒伏防止策もきちんとしているところはガーデンもきれい。
やっぱり手間を惜しんではいけないのね
2019年06月23日 11:51
今日は
雑誌によく出てる
方ですかね
オープンガーデン訪れて
みたくなりますねー
2019年06月23日 15:27
すーちんさん、こんにちは♪
そうです、しばしば雑誌でお見かけしますね。
山歩きがすーちんさんが好きそうなガーデンでしたよ
2019年06月24日 13:55
お久しぶりです。
アナベルが華やかですねぇ~
オープンガーデン会というのがあるんですね。
私も行ってみたいです
2019年06月24日 14:06
こんにちh^^
スミザーさんプロヂュースのお庭、メディアや書籍でしか拝見した事がないので、ぜひ訪問してみたいです!
ミヨシペレニアルアーデンも20年以上行きたいと思いつつ、未だ実現できてないという><
ああ、どちらも素敵なガーデンなのでしょうね~。一般的なガーデニングブームが落ち着いた現在だからこそコアな植栽をじっくりと味わってみたい><と密かに目論んでいます(笑)
2019年06月24日 14:12
デナーダさん、こんにちは♪
お久しぶりです
関東地方にはオープンガーデンが盛んな地域がいくつかあるので、回ってみたいです
2019年06月24日 14:18
花とかめさん、こんにちは♪
どちらとも宿根草主体のガーデンなのですが、全く趣が異なっていましたよ。
ガーデニングブームも落ち着いたことで、近くのお店は似たような品ぞろえでこれといった花苗に出会わなくなっちゃいましたね
2019年06月24日 17:08
こんにちは♪
なんて素敵な研修旅行なんでしょう~!
萌木の村、何年か前にバス旅行で行きましたが、やっぱり時間が足りなくて~もっとゆっくり居たかったです。
こんな素敵なガーデンを訪れたら、病気、出ちゃいますよね
2019年06月24日 21:38
Meguさん、こんにちは♪
萌木の村は時間がゆっくりと流れているので、それに合わせ私ももっとゆっくりしたかったです。
ガーデンショップもじっくり見たかったかも
この病気につける薬はないのだとか、笑
2019年06月26日 17:47
ポールスミザーさんのお庭があるのですね?
今はなき宝塚ガーデンフィールズ、行きましたよ~♩

モッコウバラの頃と紫陽花の頃に行ったような。
宿根草のシェードガーデン、素敵でした。
こんなお庭に併設されたお店、いいなぁ。
きっと、素敵なシックな苗が揃っているんだろうなぁ。
どんなお花が仲間入り?
アップされるのを楽しみにしています。
私もアナベル、増やすぞー!
2019年06月27日 09:25
biore-mamaさん、こんにちは♪
宝塚ガーデンフィールズ、行きたかったな~
ポールスミザーさんが手がけるシェードガーデンは見ごたえありますね。
このガーデンを作るために日陰がほしくなる、笑。

ミヨシペレニアルガーデンのショップでは、以前から欲しかった銅葉のサラシナショウマを買ってしまいました。
花が咲いたらupしますね

この記事へのトラックバック